好奇心を育てる、幼児向けのスクール。

今後も必要

資格の必要性が高い現状

保育士は保育士資格を取得し登録をした方で保育所等に勤務し、子供の保育にあたります。近年では女性の社会進出が進んだことや共働きする家庭の増加の影響で保育所を利用する児童が年々増え続けており、保育士の数が不足状態にあります。また児童福祉施設やベビーシッターや企業内保育所等保育士の勤務先も幅広くますます必要性が増しています。1999年には児童福祉法の改正で名称がそれまで保母から保育士に改称され、男性で従事する方の数も増えています。さらに保育士と区別される幼稚園教諭免許状の取得者にも門戸が開かれています。これは免許状の取得者で一定の実務経験がある場合に特例教科目8単位を履修すれば保育士試験の全科目を免除されるというものです。

保育士資格と大学の関係

保育士資格は指定された養成施設を卒業する方法があります。指定された養成施設には大学、短期大学、専門学校等があり授業や実習をこなして卒業をすれば資格を取得することができます。養成施設に指定された大学等は全国に多くあります。在学する期間については四年制大学の場合四年で短期大学等の場合は二年です。二年の場合四年よりも期間が短く早く就職できるメリットがありますがその分講義等のスケジュールは過密になります。また学校によって授業の内容や幼稚園教諭等あわせて取得できる資格が異なります。さらにこうした施設を卒業していなくても試験に合格することで保育士資格を取得する方法もあります。この場合受験資格がありますが、大学の学部学科については問われません。

ページの上部へ